水道光熱費を削減するには

エスコシステムズに光熱費について聞いてみた!

世の中不景気になると、様々なものを倹約しなければならなくなります。
生活の質を維持して給料だけが下がってしまっては、少しずつ貧しくなっていくのは目に見えてんでしょう。

そこで、どこかで必要ないものを節約することが大事になります。
目に見えるものを減らしてしまうと、どこか貧しくなったような気がしてしまいますが、目に見えないものを削減するとそれほど生活が圧迫された感じがしなくなります。
そこで目をつけたいのは、水道光熱費を削減することであるとエスコシステムズは語っています。
・・・・エスコシステムズ人事担当者のブログ

水道光熱費は、普段気にしていなければなかなか減らすことができないものにするでしょう。
ですが、よく通帳を見ていると通帳のお金の数字が減少しているのは、水道光熱費によるところが多いはずです。

一般的には、ガス代や電気代そして水道代が光熱費として挙げられますが、目に見えないものといったジャンルでは携帯電話代もその中に含めて良いかもしれません。

まずは電気代の節約から

具体的に、減らす場合にはどのような努力をしたらよいか知っておくことが必要になります。
基本的に、どれが1番大やすいかと言えば、その人の生活スタイルによっても変わってきますが、やはり電気代でしょう。

電気代は、うまく節約をすることができれば半分近くまで減らすことも可能になります。
電気代のうち、最近の住宅でよく利用されているのはエアコンです。

エアコンをつけている割には、夏と冬の電気代が1割から3割位が高くなる場合があります。
家によっては電気代が半分ぐらいまで減少するようなことも少なくないでしょう。
では、どのようにしたら電気代を減らすことができるかですが、基本的にエアコンの場合には、スイッチをオンにした時が1番電気代がかかるとされています。

およそ1回につき50円ほど電気代がかかりますので、こまめに消していると逆にそれが大きな負担になってしまうでしょう。

例えば、1日のうち3回外に出た場合、エアコンを3回つけることになりますが、それだけで150円ほどかかってしまう計算です。
このうち2回を省略すれば100円ほど毎日節約ができます。
そうすると、1ヵ月で3,000円ぐらい節約したことがわかるでしょう。

エアコンは付けっぱなしのほうが良い??

これに対しては、つけっぱなしの方が逆に電気代が来るのではないかとの声があります。
確かに、つけっぱなしにしている分電気代はかかるのは間違いありません。

ですが、実際には1時間あたり3円から5円ほどしかお金がかかっていません。
これは、急冷などにした場合にはもう少しかかってしまいますが、26度設定位の場合ならばそれぐらいの金額で収まることがほとんどです。

例えば、1日のうち10時間エアコンをつける場合には、最初の起動で50円かかり、その後10時間つけるとしても合計で100円にしかなりません。
このように考えれば、何度も電源を切るよりも、1回だけつけておいたほうがはるかにお得であることがわかります。

この年の条件は、部屋を急激に冷やさないことです。
急激に冷やしてしまうと、結局その分お金がかかってしまい1日300円位の浪費になってしまいます。

部屋の電気などは、つけっぱなしにしておいた方がお金が安くなる事は考えにくいですので、セオリー通り使わない電気を消すようにするべきです。
最近はLED等が出ていますが、部屋全体がLEDの住宅はまだ珍しく、たいていはLED以外も電気が使われています。

お風呂を沸かす時にできる節約術

ガス代に関しては、料理をする場合に使うこととお風呂を沸かすときに使うことがほとんどです。
このうちどちらがお金がかかるかと言えば、お風呂を沸かす時でしょう。

お風呂沸かす場合、必要以上にお湯を利用しないことが大事になります。
風呂桶の7分目から6分目程度で10分お風呂に入る目的を果たすことができるはずです。

今まで八分目から9分までお湯を入れてしまっている場合には6分目位まで減少させる事を試してみましょう。
当然、俺の量が多ければその分だけガス代を無駄に使って閉まります。

また、追い炊きも金銭的な負担になりますので可能な限り追い炊きをせず1つの時間帯にまとめて家族が皆入るようにした方が良いです。
もちろん、会社から帰ってくる時は学校から帰ってくるときに1人だけ時間帯から外れてしまうこともありますので、その時は無理して水風呂などを試す必要はありません。

水道は出しっぱなしには絶対にしないこと

最後に、水道代を節約するにはどうしたらいいかを考えていきましょう。
水道代の節約は、お風呂のお湯の件もそうですが、やはり洗い物する時に多くの水を使ってしまいがちです。

人によっては、洗い物をしている間ずっとお水を出しっぱなしにしているかもしれませんが、これほどの無駄はないでしょう。
洗い物をするときには、最初に少しだけ水を流し油汚れなどを落とすようにして、洗剤を利用している間は特に水を流す必要はありません。

最後にすすぐときに水を使いますが、できれば風呂桶などを1つ置いておきその中ですすぐと、水を無駄にすることなくきれいにすることが可能になります。