二つの側面からSEO対策を実践しよう

SEO対策を実践するときには、二つの側面に注目をして対策を行っていくことが大切です。

SEO対策は、サイト内部のタグやHTMLを重視して検索エンジン最適化を行う内部対策と、被リンクなどの外部への対策を重視して行う外部対策の二つが存在します。

どちらの対策も重要で、理想は二つの対策を効率的に進めていくことです。

内部対策は、サイトを構築する最初の段階から実行することが可能ですので、サーバーを入手して独自ドメインを入手したらすぐにでも対策を実施するべきでしょう。

例えば、簡単な内部対策としては独自ドメインのURLをサイトのテーマと関連性のあるものにすることです。

検索エンジンは、サイトとテーマの関連性を非常に重視しており、サイトのテーマの情報はまず最初にサイトのURLから読み取ろうとします。

仮に、サイトのテーマがSEOと関連するものであるのならば、ドメインのURL内にはSEOに関連する文字列を含ませておくとそれによって検索エンジンから高い評価を貰うことができるようになるわけです。

また、検索エンジンは面倒で重いサイトを嫌う傾向にありますので、そうしたサイトを作らないように注意をしなくてはいけません。

一般のユーザーの目線から見ても、サイトをクリックしてそのサイトが表示されるまでに時間がかかってしまうと、途中でサイトから帰ってしまう傾向があります。

こうした傾向は直帰率という数値に表れ、直帰率が高いサイトに関しては検索エンジンからの評価も悪くなる傾向があるので注意が必要です。

検索エンジンは、WEBに存在するあらゆるデータを収集していますので、一つのサイトに対して咲くことができる時間に限界が存在します。

ですから、サイトの巡回をしていく中でサイトの表示に時間がかかってしまうようなサイトに関しては避けられることが多いです。

そして、もう一つ内部対策として重要なのはコンテンツの充実と拡大です。

検索エンジンは、巡回ロボットによってWEB上のサイトの評価を自動化させていますが、その巡回ロボットの特徴として最新の情報を好むという傾向があります。

巡回ロボットは、WEB上に存在している新しい情報の収集に積極的なので、コンテンツを頻繁に更新しているサイトには何回も十回にやってきてくれるようになります。

そのため、基本的な対策としてコンテンツを充実させて巡回頻度を多くすることはとても有効な対策です。

一方で、外部対策として何よりも重要になるのは被リンクの獲得です。

被リンクというのは、外部から自身が運営しているサイトに一方通行的にユーザーがやってくる仕組みになっているリンクのことを意味します。

相互リンクの場合は、お互いのリンクをサイト内に貼りつけることになりますが、被リンクの場合は相手サイトにしか自身のURLが張り付けられていません。

検索エンジンは、何度もアップデートを繰り返していて、特に外部対策に関連する評価の定義を大きく変更させてきている歴史があります。

従来までは、相互リンクは非常に有効なSEO対策として注目を集めていたのですが、相互リンクを悪用したリンクファームやクロスリンクと言った手法が蔓延したことによって、なかなかサイトの正しい評価を判断できなくなりました。

そのため、純粋な被リンク以外のリンクに関してはそれほど大きな効果を与えることができなくなってしまい、相互リンクのなどのリンクに関してはむしろ逆効果になってしまう可能性すらあります。

外部リンクを形成するときには、自身のサイトにやってくる一方通行的な方法が最も効果が高いので、自身のサイトには外部のサイトのリンクは張らずに自身のサイトの情報だけを外部に発信できるように工夫しましょう。

■SEO対策の必要性と具体的な方法のアドバイス

インターネットを使って何らのビジネスを行うことになれば、絶対に知らなければいけない知識と言えるものの一つがSEO対策です。

「検索エンジン最適化」と直訳することができますが、要は検索エンジンが自身のコンテンツを適切に認識するように働きかけるためのアクションです。

たとえば、Googleなどを使って検索をした経験がある人は多いでしょうが、検索をした結果がどのように表示される仕組みになっているのかを知っている人はそれほど多くはありません。

特に、利用者でしかないうちは結果表示の方法を知る必要がまったくないので、ただ単に表示された内容が自身のニーズに対して的確かどうかだけを評価すれば十分です。

もし、自身が期待している結果ではなかった場合、検索キーワード(検索クエリ)を変更するなどして再度検索を行い、最終的に欲している情報にたどり着くことになります。

ただ、検索した内容が必ず十分な満足を感じられるというわけではなく、検索した内容によってはまったく期待している情報が出てこない場合もあります。

そのようなとき、「欲しい情報が得られなかった」としてユーザーのニーズが埋もれてしまいます。

欲している情報を見つけることができた場合、対象となるWEBサイトへアクセスをすることになります。

トップページだけでも表示したのであれば「表示カウント1」と判断されることになりますが、必要な情報ではないと判断されてしまった場合はWEBサイトを表示することすらせずに終わってしまうことがあるため、具体的にニーズが表面化されないために「埋もれる」という表現を使っています。

ただし、世にあるWEBサイトの数は非常に多く、ほとんどどのニーズに対してでも一定数の検索結果が表示されます。

つまり、基本的に調べたいキーワードに対する情報がない状況は起こらないということになるわけですが、そのニーズに対してどのWEBサイトがシェアを持つのかは別問題です。

自身が運営しているWEBサイトに対してSEO対策を施そうという状況は、少なくとも「より多くの人にWEBサイトに来てもらいたい」という希望があります。

目的が単なる情報共有の場合もあれば、アドセンス報酬やアフィリエイト報酬が目的の場合もありますが、「集客力を高める」という目的だけは共通しています。

どのような目的であれば集客力を強め、一人でも多くの人にWEBサイトを認知してもらおうとする働きかけがSEO対策です。

WEBサイトへのニーズが強まると、検索エンジンで検索したクエリに対する結果として優先的に自身のWEBサイトが表示されるようになっていきます。

たとえば、「SEO対策とは」という検索クエリに対していくつかの候補が表示されますが、人気があるWEBサイトから順に表示される仕組みになっています。

実際に検索をした人にしても、表示された結果を20~30ページ分チェックするということはあまりありなく、多くは1~5ページに留まります。

つまり、ある程度上位に表示される状態にならなければ集客力を強められる可能性が少ないということです。

ピンポイントで検索クエリを設定した場合には人気がないWEBサイトでも1位に表示される可能性はありますが、そういった状況が起こる可能性自体が低いので期待はできません。

ユーザーがどのようなニーズを持っているのかをよく分析し、そのニーズに対してピンポイントで訴求できるようなキーワード選択、ならびにコンテンツ内への配置を行うことを心掛けると、徐々にサイト自体の集客力が強まっていきます。

すると、その現象が更なる集客力を生むことになるため、最終的には大きな集客力を持つWEBサイトへ成長していきます。

■これからのSEO対策

これからのSEO対策は、これまでのSEO対策とは違ってひたすらコンテンツを重視する必要があると考えるといいでしょう。

検索エンジンはどんどんと人工知能によって進化を続けることになるでしょうが、検索エンジンがどれだけ進化をしても、評価するのはごくシンプルで有益なサイトというだけです。

有益なサイトというのは多くの有益な情報が掲載されていて、見やすくて使いやすいサイトが評価されていくということになります。

これがひたすらに厳格化されていくことになるというのが検索エンジンの人工知能ということになるでしょう。

となれば、これからのSEO対策はこのことを考えて行う必要性があります。

つまり、よりサイトを内容重視にしていくということが真っ先に必要になります。

コンテンツをより充実させていくと共に、サイトをより見やすく使いやすいものとしていくことが必要になります。

そして、小手先の技などはしなくていい方向にいくでしょう。

もはや従来のように小手先の技術やテクニックが通用しないレベルに検索エンジンはなると考える必要があります。

自動リンクなどをプログラムで発生させるなどのようなことはやらない方がいいでしょう。

検索エンジンは良質なサイトを評価するとともに悪質なサイトは徹底的に排除していくことを考えていきます。

つまり、悪質なサイトは検索エンジンは除外する方向で動くと考えられます。

となると、悪質と判断されてしまうようなこともやってはならないということです。

検索エンジンの進化を上回る技術でSEO対策をすることが出来る人でなければ、まず検索エンジンに勝てる見込みはありません。

何しろ人工知能は人の何倍もの考えられない速さで経験を積んで進化をしていくのです。

それに打ち勝つようなことは考えない方がいいでしょう。

人工知能は今では恐るべき技術を身につけています。

例えばプロの囲碁の棋士や将棋の棋士が今では人工知能には勝つことも出来なくなりました。

もはや、人が考えられるレベルで人口知能に勝つことは出来ないと考えるのが妥当です。

しかも、まだまだ人工知能は進化すると考えられます。

検索エンジンと囲碁や将棋は分野が違うと考える人もいるかもしれませんが、分野が違っても人工知能はどんどんと進化を出来るわけですから、まずこれに小手先の技術で勝とうとしても無駄です。

となれば、出来ることは検索エンジンに好かれるようにするということです。

サイトを充実させて有益な情報をコンスタントに掲載していくと検索エンジンはどんどんといい評価をしてくれるようになります。

この方向性でSEO対策を考えるのが正当であり、一番良い方法ということになるでしょう。

ただ、これまでのリンクを獲得するなどの方法が駄目だというわけではありません。

依然としてリンクも良質なものであれば、検索エンジンは高評価をすると考えられます。

というのは、上質なサイトには当然多くのリンクが張られることになるからです。

誰もがいいサイトだなと判断すると、そこにはリンクを張りたくなるでしょう。

何故なら何度もそこに訪れることになるでしょうから、リンク張れば次からは簡単にそこに行くことができるようになるからです。

こうして自然に集まったリンクについては、検索エンジンがどれだけ進化をしても高評価をもらえると考えられます。

基本的に検索エンジンの進化というのは、良質なサイトはどんどん高い評価をする代わりに、悪質なサイト、若しくは悪質かもしれないサイトは徹底的に除外するというのが検索エンジンのやることです。

ですから、SEO対策としては検索エンジンに張り合うのではなく、検索エンジンに好かれることを考えて行う必要があります。