在宅での仕事やノマドワーキングが増えている

インターネットの進化は様々な「便利」をもたらしてくれているのですが、仕事のスタイルも大きく変わりつつあります。

インターネットの影響がまったくないジャンルもあるかもしれませんが、多くのジャンルでインターネットのおかげでビジネスモデルが変わったり、大きなチャンスが生まれるようになったり、更にはビジネススタイルそのものも変わったという人も多いのではないでしょうか。

それもそのはず、インターネットでデータの送受信が出来るようになりました。

電話回線程度ですと、大容量のデータの送受信には時間がかかっていましたので、出社した方が効率が良いと感じていた人も多かったかもしれませんが、これだけ高速接続環境になると、もはや出社する必要性などほとんどないと感じるようになっている人もとても多いのです。

それこそテレビ電話や大人数での会議さえオンライン上で支障なく行えるのです。
ファイル共有なども簡単ですので、出社せずに在宅で仕事を行ったり、あるいは喫茶店などで仕事を行う、いわゆる「ノマドワーキング」と呼ばれる人も増えているのです。

かつて「仕事」と言えば会社に行かなければならないものでした。
ですが仕事は決して出社しなければならないものではなくなりつつあるのです。

例えばiPhoneアプリ開発。これさえ在宅で出来るようになっているのです。

「iPhoneアプリ開発」と聞くと、高度な知識だけではなく、それ相応の開発環境も必要になってくると感じてしまいますが、実際には個人のPCレベルで制作出来る物もありますので、そのようなiPhoneアプリの場合、制作終了したらデータで送る。あるいは、オンライン上の共有ソフトで自分の担当の部分だけ行うといったように、もはや「出社」の必要性そのものが低下しつつある産業もあるのです。

特にIT産業に関しては、すべてオンラインで行っているという会社も珍しくありませんね。
これからはこういった傾向が顕著になるでしょう。

 

※コチラもチェック→iOSアプリ開発